移住から半年経過!ビジネス的にも移住後にやってよかったこと

前回の記事が壮大なフリになってしまうくらい更新が途絶えてしまいました(白目)本当にあっという間に時間が過ぎていくので気がついたら臼井家BLOGもゾンビサイトになりかけていたのですが、実は福島に移住してきて半年以上も経過していました。

この前、移住してきてから購入した車の自動車税が届いて「あれ、もうそんな経ったんだ」というくらいの実感。地元が福島とはいえ、正確には地元は会津若松市なので今住んでいる郡山市には何のツテ(学生の頃に来ていたくらい)もなく、エキサイティング移住してきたわけですが、それでも何だかんだなった! というのを改めて振り返ってみたいと思います。

Uターン、Iターンとかよく耳にするので、なにかの参考になればと。

兎にも角にも自分を売れ

僕自身、東京に居た頃は普通のサラリーマンだったわけですが、移住を機にフリーランスとして独立しました。もちろん、そんな経験は0だったので、移住どころか「ふぇぇ、食ってけるのかな…」という不安があったのも正直なところ。

なぜか、そんな状況でもワクワクしている自分がいて、まさに “不安いっぱい夢いっぱい!”

昔、バリバリのハードワーカーな時期に上司に言われた言葉だった気がします。(たぶん)ずっとこの言葉が頭にあったので、なんとかなるか…というより、なんとかせねば。という気持ちでした。

そこでまず実践していたのが自分を売ること。

僕の場合は、ビジネス的なこともあるのですが、いずれにしても移住とか考えている場合、人との繋がりを持つ意味でも「自分は何者か?」というのを移住先の人に知ってもらう必要があります。

そこで意識していたポイント

  1. 誘われたら少しでも顔を出してコミュニケーション
  2. 社交辞令的な「飲みにいきましょう!」を無くしてガチトーンで誘う
  3. イベント企画しちゃう

1に関しては、人見知りなので直前に「あぁ…」って思うこともありますが、そこは我慢。新しい出会いはもちろん、こっちでの情報収集できる機会でもあるので貴重な時間です。そして、結果的に行くと楽しくなっちゃいます。

2は単純に飲みにいきたかったからですね笑。東京にいたころは、会社帰りに飲みいきますかーなんてことも、こっちでは車があるし面倒。だから必然的に飲みに行く機会が減ってしまったので、これまで社交辞令的に「飲み行きましょう!」って言ってたこともガチトーンで誘ってました。それが結果的にいわゆる飲みニケーションに繋がって、より関係性が築けました。お酒は最強のコミュニケーションツールです。

重要なのが3。1と2は人数が限られる場合があるのですが、イベントを企画してしまえばもっと多くの人に自分を知ってもらえる機会が作れます。これは人にもよるかなとは思いますが、僕の場合はWebの業界にいる人間です。東京では当たり前のように開かれているWeb関係のセミナーやイベントなんかも福島では皆無。なによりすごい “井の中の蛙感” と言うか、まるでガラパゴスのような世界だったので外からの刺激を与えよう、東京の情報を輸入しようみたいな風に思ってました。

そこで何らかの化学反応が起これば面白いな、と思っていたのでいくつかイベントを企画してco-ba koriyamaさんに協力してもらいながら開催しました。結果として、予想以上に参加者も集まってくれて(東京からいらした面々もすごかったので)そこをきっかけにめちゃめちゃ色んな人と知り合えましたし、ビジネスとしての繋がりも増えることになりました。

「普段、こういう機会がないので良かったです!」なんて言葉も聞けたりしたので、地元でなかったこと、新しいことを見つけるのが重要だと感じた次第です。開催してよかったなぁと思いつつ、開催するのもそれなりに大変なので今はお休み中ですが、余裕がでてきたら定期的にやっていきたいなと考えてます。

中立的なコミュニティに属するべし

よく移住する際は地元のコミュニティに属した方がいいよって聞きますが、そんな簡単にいけないんじゃないかと思います。地元感あふれるコミュニティばかりにいると疲れたり、逆に移住者だけのコミュニティにばかりいても広がりがなかったりするので、僕がめちゃめちゃ助けられたなぁと思うのが中立的なコミュニティです。

 

先ほどのco-ba koriyamaさんは、まさにそうでした。郡山市のコワーキングスペースですが、地元でフリーランスをしている方が集まっていたり、定期的なイベントを開催していて同じ移住してきた方とも交流できる場になっています。いわゆる異文化交流ができるコミュニティになっているんですね。

なのでどっちかに偏りがあるというわけでもなく、地元の人たちや移住者とで程よい感じに繋がれるのが良かったです。移住する際は、こういうスポットがないかチェックするべし!

まとめ

総じて何が言いたいかというと、移住した際はもちろん、僕みたいに移住先で独立した人は時間を惜しまず色んな人に会ったほうが良い思います。人脈を作るとかそういう意味ではなく、単純に移住先では自分が異文化なんです。なのでどれだけ異文化同士で分かり合えるか、歩み寄れるかが移住先でうまくやっていく方法なんじゃないかと考えています。

「当たり前だろ!」なんて思われるかもしれませんが、異文化交流って大事。そして自分を売り込め、とか言いつつ未だに「何をしているんでしたっけ?^^」と言われるので、今までできてなかった実績ページを近日中に公開したいと思います汗。