改めて株式会社ハタフルってどんな会社?

こんにちは、臼井です。

さて、遅ればせながらこれまでフリーランスとして主に福島県内の企業に向けてWeb制作やWeb集客の支援させていただいてましたが、移住して1年という記念すべき9月に「株式会社ハタフル」として法人化いたしました。

フリーランス時代は、わずか1年にも満たない期間でしたが色んな方に出会い、応援していただいたおかげで新たなスタートが切れたと思っています。関係各所の皆様には本当に頭が上がりません……。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

それに伴い、改めて株式会社ハタフルがどんな会社でどんなことができるのかなども交えて会社のご紹介できればと思い久しぶりに筆を執りました。(更新が滞ってたんですが……。)

株式会社ハタフルとは

そもそも社名の由来は「旗を振る→ハタフル」からきています。なぜ旗を振るの? というところですが、自身の原体験も大きく関係しています。

少し余談ですが、私は20歳で福島を離れて上京しました。福島しか知らない、もっと他の世界を見てみたいという想いで出ていったわけですが、当時を振り返ると未来に対する“選択肢”の少なさに幻滅していたように思います。ここは個人的な視野の狭さもあるので一概に言い切れないのですが「今の選べる道は3つ。さぁ、どれ!?」というくらいの感覚でした。それが東京にいけば10にでも100にでもなりそう、そういう期待があったからこそ上京を選んだのかもしれません。

時が経ち、福島TRIPの本格的な運営をキッカケに東京から福島に戻ることになったのですが、今度はビジネスの現場で選択肢の少なさを再び痛感することになりました。東京ではWeb業界の最新の動向に敏感であったり、関わるのは知見のある人たちばかり。「新たに最新〇〇ツールがリリース」「日本のWeb広告費が前年比〇〇上昇」そんな情報が飛び交う刺激的な場所で働いていました。

福島にあるのはその真逆。そもそも消費者の動向に企業が追いついていなかったり、古い情報・技術によって成果を見いだせておらず、その結果新たなことにチャレンジできない負の連鎖……。まるでタイムスリップしたような感覚で唖然としました。

「東京と一緒にするな」と怒られそうですが、その一言では片付けられない違和感を感じて、長く地場でビジネスをされている方々にお話を聞いて周った結果、いきついた答えが“旗振り役がいない”ということでした。つまり、福島のWeb業界には先頭に立って切り開く組織・人材があまりにも少ないのです。

だからこそ我々が福島のWeb業界や民間企業にとっての旗振り役になること、ひいては若い人たちに「福島でもこんな選択肢があるんだ」というキッカケになればと思い株式会社ハタフルにしました。

ローカルでのWeb戦略とは

思った以上に前段が長引いてしまったのですが、我々ができることは一言で言うと「Webサイトを作って運用して成果を出す」ことです。制作会社(便宜上)と自分たちでも言っている通りWebサイトの制作を行いますが、最も重要なのはその後の成果までを考えるWeb戦略だと考えています。

ハタフルのこれまでの制作実績

具体的にはWebを活用した結果どんな状態が理想なのか、顧客はどういった人なのか、強みや競合はどこなのか、という根本の部分から整理したうえで戦略、そして戦術(手法の部分)に落とし込んでいきます。

 

ここで注意しなければいけないのが地域性です。これまで散々、東京は最先端で新しい技術やテクノロジー、情報が飛び交っていて〜なんて話をしていましたが、それは東京での話。商圏が違えば消費者の行動も大きく違うので、東京のことが地方でも当てはまるかというと必ずしもそうとは限りません。

例として以下は、47都道府県別でYahoo!の年間検索数を数値化したグラフになります。東京だけ突出しており、東京都民は特に検索する回数が多いことがわかります。

参照:日本は2つの国からできている!?~データで見る東京の特異性~

こういったデータからも地方はWebだけでアプローチしきれない層もいるため、Web偏重であるのも問題です。「Webの会社なのに元も子もないことを言う」と思われる方もいるかもしれませんが、あくまでWebは手段でしかありません。その手段が目的に対して合っているかどうかも前述のWeb戦略で考慮すべきポイントなのです。

そこでハタフルでは、パートナー企業としてフィーチャー合同会社と連携を取ることで、Web、各種紙媒体、マス媒体、映像、イベント等の包括的なプロモーションを行っています。

 

ようするに、ハタフルは単体だとWebに強い会社ですが、パートナー企業と連携することで地方における“プロモーション全般に強いチーム”になるというのも大きな強みです。ちなみに、フィーチャー合同会社とはシェアオフィスをしている距離感なので密な連携がとれています。

目指すは地方の旗振り役

最終的には福島から、地方にとっての旗振り役になることを目指します。福島で起こっている課題は、他の地方でも同じようにあるはず。そうした課題を解決し、新たな選択肢を創出することで最終的には地場に還元されるサイクルの一端を担うことがハタフルのミッションです。

最後に、ハタフルの前身でもある臼井家BLOGを通じて個人の情報発信に努めていましたが、これからは株式会社ハタフルとして情報を発信していく形になります。来年には新たにメンバーが加わり、私自身がこうして個を出していく機会は減っていく?と思うと少し感慨深い……。

ちなみに、ハタフルBLOGでは我々の情報発信だけでなく地場で活躍する各業界のプロからの寄稿も募っていきたいと思いますのでお楽しみに!

改めて株式会社ハタフルを今後ともよろしくお願いします。