はじめてWEBサイト(ホームページ)の制作を依頼するひと向け!コストを抑える3つの方法

こんにちは、デザイナーの友里恵です。

さて、以前は発注者も考えておくべきポイントについて書きましたが、今回はWEBサイト制作のコストについてお話しようと思います!

WEB制作会社や代理店に見積もりを出してもらったのはいいけど「WEBサイトの制作費ってなんでこんなに高いの?」「大幅に予算オーバーしちゃったよ……」なんてことをよく聞きます。WEB自体、紙のように目で見て手に取って分かるモノがないので疑問に思う方も多いはず。

そこで今回は、できる限り予算を抑えて作りたい方に向けてコスト削減のポイントについてご紹介します!

そもそも何でそんなに高いの?

初めてWEBサイト制作を依頼する方に多いのが「どうしてこんなに高いの?」という疑問です。なので、まずコスト削減の前に、どうしてWEBサイト制作費が高くなるのかをお話しようと思います!

率直に言うとWEB制作におけるコストのほとんどが人件費になります。1つのWEBサイトを作るのに大まかな役割として営業、ディレクター、デザイナー、コーダー、エンジニアといった職種の人が動きます。

これだけ見るとけっこう多くの人が動いていますよね。ディレクターやデザイナーというのはお客様と接触することも多いのでイメージしやすいとは思いますが、実はコーダーやエンジニアといった裏方(他意はありません)の人たちも動いているんです。

コーダー、エンジニアのお仕事

具体的にコーダーの作業は、デザイナーが作ったデザインを元に実際にインターネット上で見れるように形(コーディング)にしていきます。

この時ただ作っていくだけでなく、PC・スマホ両方の表示の仕方を考え、SEO対策やページ追加、修正時の事も考えながら作ってきます。さらに作り終わってからは各種ブラウザ、デバイスごとにデザインの崩れや動作チェックする必要があります。そのため、見た目以上に時間がかかるのです。

※このチェックはIE、Chrome、Safari、iPhone、Androidといったブラウザ、デバイスごとに仕様や画面サイズが異なるためデザインを統一して見せるための作業です

エンジニアは、WEBサイト構築や仕組みをプログラミングします。環境づくりでもローカル環境やテスト環境を作る必要がありますし、ブログや商品の登録に必要な投稿機能の管理画面を作ったり、入力されたデータの保存・反映などユーザーには見えない細かい作業が多く出てきます。

また、コーダーと同様に仕様通りに動くかの確認作業もあります。そのため、多くの機能を付ければ付けるほどエンジニアの作業工数が増え、当然コストも高くなっていきます。

例えば、10ページ規模のWEBサイトを予算20万で作るとした場合(細かいところは省きます)単純計算で1ページ2万円以内に原価を抑えなくてはいけません。さらにさっきのような各種人員4人必要だと考えると1人あたり5,000円以内。

一人あたり時給1,500円の会社の場合、それぞれの作業を約3時間半で終わらせなくてはいけません。先ほどの作業内容を短時間で終わらせるというのは、少々厳しくなります……。

さらに言うと、ここから利益を捻出しようと思うと、より原価を抑える=工数を減らす必要があるので、何かを削るしかありません。

WEB制作費の高い会社と安い会社の違い

いくつかのWEB制作会社にお見積をもらったけど、金額に差があって正当な価格が分からない! ということもあると思います。これはまさにWEB制作のコストのほとんどが人件費だからこそ違いが生まれるんです。

なぜかというと、WEB制作に関わる人の数や会社の規模によって人件費は違いますし、個々の技能や知識レベル、サービスのクオリティ、見積もり方式によっても金額が変わってくるからです。

数万円でWEBサイトが作れるカラクリ

余談ですが、そんな中で「WEBサイトが3万円でつくれる!」といった広告も目にしますが、これには理由があります。

安価で作るためには原価を抑える=工数を減らす必要があるので、既に決まった型(テンプレート)を流用して工数のかかるオリジナル性を極限まで省いているからなんです。画像が違うけど、どこかで見たようなデザインだなぁ……というWEBサイトはこれに当てはまります。

もしくは何年契約で分割で支払うといったリース契約も当てはまります。ちなみに、ホームページなどの無形商材をリース契約するのはグレーなものなのでご注意ください。

弁護士ドットコム|「ホームページ リース」の法律相談

結局のところ安さをとるにしても“安さの代わりに何を失っているか”を理解することが発注する際のポイントです!では、改めて上記を踏まえてWEBサイト制作で、どのようにしたらコストを抑えられるかについて紹介していきますね!

1. 原稿や画像の素材を用意する

WEBサイトに使う原稿や画像を用意しておくだけでもコストは抑えられます。すべて制作会社に依頼することになると、原稿を作るためのインタビュー、写真・動画の撮影が必要な場合は撮影費用などのコストがかかってきます。そのため予め自分たちで使う文章や画像を用意しておくといいでしょう。

しかし、大きいサイズの写真を使う場合は写真のクオリティーが重要になってくるので、その分部のみ撮影を依頼するなど場面で使い分けたほうがいいと思います。

2. WordPress などのCMSを使う

こちらはケースバイケースですが、ブログやニュースなど投稿機能を付けて頻繁に更新する場合は、WordPressなどのCMSで制作を依頼しましょう。

WordPressなら比較的簡単に投稿機能が実装できますし、初期にCMS構築費として多少かかってしまっても発注者側で記事の投稿が簡単にできるので中長期で見ると運用費が安くなります。

また、WordPressならプラグインを使うことである程度のシステムを簡単に実装できるので「お問い合わせフォーム」や「複数の広告を何割ずつ表示させる」といったシステムもいちから開発するより安く実装できるのが魅力です。

3. レスポンシブデザインにする

これは依頼した会社にもよりますが、レスポンシブデザインで作成することでコストが安くなることがあります。

レスポンシブデザインとは、1ページを1つのファイルだけ使用し、ディスプレイのサイズによって表示を変える手法のことです。

レスポンシブデザインのメリットとしては、本来ならPC用とスマートフォン用の2つのファイルを作らなくてはいけないところを1つのファイルで済むのでその分コーディング費用が抑えられます。また、ページの修正をする際も1ファイルで済むのでページの修正や追記が多いサイトに適しています。

だたし、1つのファイルでいいといっても1ページ分の金額になるわけではありません。PCでもスマートフォンでも見れるように作らなくてはいけないのでレスポンシブ費用が発生すると思いますが、スマートフォン用に作るより確実に安いです。

注意点としては、PCとスマートフォンであまりにもデザインが違うと余計な手間がかかってしまうのでレスポンシブには向いていません。とはいえ、最近ではPCとスマートフォンで大きくデザインが違うというのも少ないので、スマホ用にWEBサイトを制作するというケースはかなり減っていますね。

まとめ

ざっとご紹介しましたが、ようは自分たちでできることは自分たちでやって、極力制作会社への負担を減らすことがコストを抑える方法になります。

初期の制作費用はもちろんですが、運用面でもCMSを使って自分たちで商品の追加、記事の投稿といった更新をできるようにするだけでも中長期で大きなコスト削減につながってくるので、初期段階で相談しながら進めていくことをオススメします!